積み木

若者にニーズがあるシェアハウス経営|高利益が見込める投資方法

日本でも盛んに実施

オフィス

企業買収にはさまざまな効果があります。利益を出すことや売り上げの拡大、そして財務的な無駄の排除、さらには、リスク分散などたくさんのメリットを生み出すことができます。しかし投資的要素も強く、必ずしも成功するとは限らないのです。

詳細

少額でできる不動産投資

積木

少額から不動産投資ができるのが不動産投資信託という方法です。「みんなで大家さん」は出資者を募り、マンション運営で出た利益を分配してくれます。一口100万円からなので初心者でも安心して投資できます。配当利率は6パーセントで2ヶ月ごとに分配金があります。運営母体は健全ですし、色々な商品から選べます。

詳細

投資を成功させるため

集合住宅

不動産投資を副業として行う際には、オーナーの負担を少しでも軽減するために、マンション管理に気をつけなければなりません。管理会社を使用するケースが多いのですが、金額だけで決めずに範囲などを検討する必要があります。

詳細

若者に支持を受けている

紙幣

シェアして暮らす

シェアハウスは近年、新しい住宅として人気が高くなっている物件です。ひとつの大きな家を個室ごとに区切り、キッチンやお風呂、トイレなどを共用するタイプの家になります。家族ではない者が一緒に暮らすことになりますので、シェアハウスではプライベート空間も保証されています。鍵付きの個室になっていたり、共用部分も品質の良いアイテムを利用していたりと若い世代にも人気があります。シェアハウスの経営を考えた場合は、物件探しから始めることになります。シェアハウスに向いている物件は、不動産会社からも紹介をしてもらえます。シェアハウス経営については不動産投資の専門会社や、コンサルティング企業などに相談することもひとつの手段です。

人気のエリアを知ろう

経営を始める前に、家賃やシェアハウスの需要などさまざまなことを考える必要があります。需要の高いエリアで経営を始めれば、空室などに悩まされることなく利益を出すことができます。シェアハウスは女性や学生など、一定の層に人気が高い物件です。女性のみに特化した物件などもありますので、周囲の環境に合わせて特色を出すことも大切です。最近では家賃が少し高くても、メリットが大きければシェアハウスを選ぶという層も増えてきています。どのようなシェアハウスにしたいかをはっきりさせることで、特定の層にアピールすることもできます。学生向きなら家賃の安さを売りにするなど、工夫をしていくことで経営が上手く行くようになります。