少額でできる不動産投資|若者にニーズがあるシェアハウス経営|高利益が見込める投資方法
ウーマン

若者にニーズがあるシェアハウス経営|高利益が見込める投資方法

少額でできる不動産投資

積木

一口100万円で高利回り

不動産投資といえばアパートやマンション経営ですが、資本や土地を持っている人に限定されます。しかしそれらがなくても不動産投資の方法があります。不動産投資信託です。それを取り扱っているのが「みんなで大家さん」です。投資者から出資金を募ってマンション経営を行い、出た利益を投資者に分配する投資法です。「みんなで大家さん」が人気なのは、出資金が一口100万円と安いので誰でも参加できる点です。特に初心者には投資しやすくなっています。出資金が小口でも利回りは6パーセントと高くなっているので、確実に収益を得られます。2ヶ月ごとに分配金が受け取れるので、副収入として最適の投資法です。また投資にはリスクが付きものですが、「みんなで大家さん」は一定の範囲で元金が保証されます。

運営母体が健全なので安心

不動産投資信託を扱っている会社はたくさんあります。初めて投資をする場合、その運営母体が健全かどうかを調べる必要があります。「みんなで大家さん」の運営母体は不動産事業で実績のある会社なので安心できます。マンション経営だけでなくホテル事業や高齢者用施設の事業なども行っています。「みんなで大家さん」に出資する場合、マンションごとに商品が用意されています。その中から自分に合った商品に投資することができます。例えば「みんなで大家さん19号」という商品では、利回りが7パーセントになっており、投資対象は結婚式場がメインのホテルです。その他にも郊外型の店舗へ投資する商品などもあります。投資対象を良く調べてから、自分に合った商品を選ぶようにします。